ひとりごとレポ

ぽつぽつとライブレポとか。マモルミヤノ。

20161112MIXING!名古屋

バントーク

「はい、バンドにお話を聞きたいところですが。」と始まりつつ、今回はなぜかスタッフからトークテーマを設定されるバントーク。(笑)
MIXING!では"宮野真守の色んな色、面を見せる"がテーマになってるということで、テーマは【マモの意外な一面】

 

・木原さん
「マモの意外な一面か〜」と考え始める木原さん。
「ないでしょ。じゃあ名前呼んでもらいましょうか。」強制終了させられそうになる木原さん。(笑)いやいや話させてよ!と言いながらもまだ考える木原さん。(笑)
「えっとねー、多分〜コーヒー好きでしょ。」
木原さんの一言に突然爆笑しながら崩れ落ちるマモさん。木原さんを除くバンドメンバーと客席の置いてかれっぷりがすごい。
「こないださあ、用事の前に少し時間があったからコーヒー飲もうとしたら、マモと偶然"何ーズ"でばったりしてさ。」
「そうそう、"何ーズコーヒー"でね。」ざわつく会場。
マモさんが次の現場までの時間にワンピースを読みながらコーヒー飲んでると、視界の端に近づいてきた人に突然無言で肩を叩かれたんだとか。それがまさかの偶然見つけた木原さんだった。(笑)
「不審者かと思ったわwwwびっくりしすぎて素で「なにしてるの、おじさん」出ちゃったもん。」「でてたね(笑)」
「いやでもこの人適当なんだよ。何の現場とは言わないけど、偶然会ったし木原さん現場見にくる?って聞いたら『あーいきたいねー、あーでも俺次用事あるんだわ!』って…適当か!」キレキレでツッコムマモさん。(笑)
「いやー、でもね俺木原さんにお礼言わなきゃいけなくて。」「え?」「いやワンピースに夢中になりすぎて、木原さんに声かけられなかったら遅刻するところだった。」まさかのところで命の恩人木原さん。(笑)
「でもほら、マモはスターだからね、マスクとか変装してるわけよ。潜んでるわけよ。」木原さんの話にそれはもう売れっ子ですものねえ、と頷く会場。
「いやでもめっちゃ目立ってたよ。全然潜んでなかった。」爆笑する会場とマモさん。まああのスタイルですものね……(笑)
「さあというわけで、エピソードの中で木原さんの適当な部分が出ちゃったので。呼んでもらいましょうか、"てきとーおじさん"で。」(笑)
【てきとーおじさん〜!】
「はい、適当で〜す。」「答え方が適当!」(笑)

 

だーまえ
「今日もイケメンやなあ。」【イケメン〜!!】客席の四方から飛んでくる歓声。
「人気だねえ。」「いや〜親が喜びますわ。」(笑)
「じゃあだーまえも"マモの意外な一面"……なんかある?」「そうだねえ、うーん、そんなにないけどみんなが知らないことだとねえ「え、ちょっと待って。このコーナー怖いんだけどwwもうやめない?ww」「まだあと二人いるからね。」食い気味にくるマモさんをまあまあと宥めつつ追い打ちをかけるだーまえ(笑)
「特典映像などで裏の様子とかも見えてるだろうけど、それでもやっぱりみんなが見てるのはオンのマモちゃんで。でもリハとかずっとやってるとオフ、というかふっと息抜く瞬間があるんだけど、その表情がセクシー。」(笑)崩れ落ちるマモさん。
その顔見たい〜!と会場とバンドから求められるマモさん。せーの、と顔を作るもののちゃっかりしっかりふざける。(笑)
「いやでも、セクシーと思ってもらえてるならよかった。だらしなくてとか言われなくて!」「まあそういう時もあるかもしれないけど(笑)」さらっと追撃をかけるだーまえ
だーまえ〜!】
「頑張ります!」

 

・佐野さん
「はい、佐野さんです〜!」「はーい、こんばんは〜!」
「佐野さんで〜す!」「はーい、こんばんは〜!」
「……………………………佐野さんで〜す!」「こんばんは〜!」
安定の3回。「もはや3回目待っちゃってるよね。」(笑)
「だんだんまことさんにも慣れてきましたね。」?を浮かべる客席に、「あっ佐野さんのお父さんの名前ね。」と解説が入る。(笑)
「いやでもほんと(お父さんと)似てるよね〜〜…………見たことないけど。」ずっこける佐野さん。
「ワイルド佐野さんになっちゃって〜ワイルドさ⤴の⤴さん。さ⤴の⤴さん。……これイントネーションおかしくなる(笑)」始まってすぐに「佐野さん」って何回呼ぶんだってぐらい連呼するマモさん(笑)
「意外な一面は、こういうバラードコーナーだとピアノだけってこともよくあるじゃない?そういう時ってこういう感じ(アイコンタクト)結構するよね。」
「ああ〜〜!してる、めっちゃしてる。ちょっとこここうしたいんだよね、とか。こう行くよ、とか結構目線でやってる。(笑)」
「……ギターとは合わねえなあ。」突然乱入してくる木原さんwww
「ないね。いやだって、木原さんところいくと変な絡みしちゃうし!」
リハの時とかも突然木原さんに近づいていってマイクを向けたりするらしいマモさん。そして「ふ〜ん◎※△*〜」と全然歌えないらしい木原さん。
「いやでもほんと、バラードの時は佐野さんと、にっ、ってやるよね!」
と佐野さんへ戻して木原さん回になりそうだった佐野さん回終了。
【さのさ〜ん!】
「は〜い!」

 

・よっしー
「……新人だし、ないよねえ。意外な一面というか、印象が変わったとか?」
「そうですねえ。」
「なんかある?意外な一面とか色々。」
「うーーん、お題振られてから裏で考えてたんですけど。」
「うん。」
「……難しいですね。」ありそうな振りしてやっぱりないんかい!と軽くズッこけるマモさん。(笑)
「生マモさんに会うまで、ムービーとか見てたんですけど。バラードの時とかの口調がすごく優しくて、優しい人なのかなと思ってたんですよ。」
「そうかあ。」ちょっと照れくさそうなマモさん。
「でも初めてお会いしたリハの時に、入ってきて一番に『よっ!俺だよっ!』って……。スタッフさんが『あ、こちら初めての今井さんです。』って紹介してくれて、そしたら『よっ、俺だよ!』って…。」(笑)
「そんなだったっけ!?」
「それでファンキーな人なんだな…って。」
「初対面で『よっ、俺だよ!』って……。たしかにそこだけ見るとファンキーだわwww」
「その後のリハからはイジられて……なんかもうイジられた記憶しかないです。……だからSっ気、っていうんですかね。あるのかなって。」笑い崩れるマモさんと客席。
「よし、じゃあそんなドMなよっしーには「ドMじゃないですって!」控えめながらに食い気味に突っ込むよっしー(笑)
ドラムなのでやってもらわないといけないことがあります〜!一番の新人な訳で、間違えるとお客さんの方が先輩かもしれないんだよね。って流れからの敬語での声出しを振られるよっしー。
「それではみなさんよろしいでしょうか!」爆笑。
アリーナの方、スタンドの方、女性の方、男性の方、で終わるのかと思いきや、
「……その他の方!」ざわつきつつパラっと声が聞こえる客席と崩れ落ちるマモさん。
「その他ってなにwwwwwいぇ゛ーい!(どんだけポーズ)ってこと!?wwww」笑いが収まらない会場。
「もう一回仕切り直します!」
アリーナの方、スタンドの方、女性の方、男性の方、
「……その他の方!」【いぇーい!】一定数いるその他の方々(笑)
「『い゛ぇ゛ーい゛!』ってwwww」客席の対応に崩れ落ちるマモさん。
【よっし〜!】
「……はい、なんでしょう。」(笑)

 


<「Crazy Wonder Night」コール>

レディース(女子)、タフガイ(男子)そしてよっしーのトークを引きずり「その他。」
「今回だけだよ!これも全部アイツのせいだ!」ってよっしーを指差すマモさん。(笑)
名古屋ということで、味噌カツ食べた人【ぶぶぶぶーぶー!】豚の真似。

 

<トロッコをつかって席を回る「シャイン」
スタンドの関係者席で、目の前を通るマモさんに全力で手を振るおじいちゃんおばあちゃん夫婦。かわいい(おそらくFUMIくんのおじいちゃんおばあちゃん)

 

<「DON'T STOP!」後>

セカンドからライブに来れている名古屋。こんなにおっきい会場でできるなんて、と言いつつも。でも会場がおおきくなったからってマモが遠くなったって感じてほしくないと話してたマモさん。
名古屋にはすごく愛着があるし、初めて一人でやったラジオは東海ラジオだったし、名古屋の人たちは俺の声をよく聞いてるよね。って話してました。

最後「Gravity」を踊るためにステージ上の段に並ぶダンサーズへ。
セカンド(初名古屋があったツアー)から参加している人!」中央にいたTOSHIちゃん、sho-ta.が手を挙げる。
「あなた(FUMIくん)はファーストからだもんね。」とFUMIくんは?と思っていたところで、マモさんのツッコミが入る(笑)
そしてマモさんをはじめ、会場全員の視線がNOSUKEへ集中。【のすけ〜〜!!】
「………それ以外って人!」もったいぶるマモさん。
元気よくまっすぐ手をあげるFUMIくんと、そっと胸元ぐらいまで手を挙げるNOSUKE
【かわいいよ〜〜!】客席からあがる歓声。
「ほら、ありがとうございます!って。ありがとうございます!って言いな!」
「……ありがとうございますっ!」えっええ!?って感じで笑いながらも頑張って声を張るNOSUKE。かわいい。